カスタムペイント店の選び方


カスタムペイントは趣味の世界で重宝されるもの。
process_side.jpg
お店の数は少ないとお思いの方…そんな事はありません。



全国で見るとびっくりするくらいカスタムペイントを生業としている方々がみえます。
実際にバイクなどの塗装を考えた時に、どこのお店を選んだらよいか迷った方もいるでしょう。

以下に私的な見解でカスタムペイント屋の選び方をご紹介します。
カスタムペイントをお考えの方に参考になれば幸いです。

まずは…

◎友人関係からカスタムペイント屋を紹介してもらう。
手を抜かれる危険も少ないし思ったより安く済む可能性があります。

◎住んでる場所に近いお店を選ぶ。
実際に顔を合わせる事が一番大事です。地域活性にも繋がります。

以上2点が難しい方は、まず自分自身で出来る限り具体的にカスタムペイントしてもらいたい内容をイメージします。

例えば…
・何を塗るのか?
・色は何系にしようか?
・デザインはどうしよう?
・だいたいの予算
・希望する納期

これくらいは明確にしておいたほうがよいと思います。

そしてどんな技法を用いてカスタムペイントして欲しいかも明確にしておくと選びやすくなります。
例えば同じデザインを入れるとしても…

・マスキング(手間が掛るがクリアなデザインが可能)
・エアブラシ(柔らかく奥行きのあるデザインが可能)
・ピンストライプ(フリーハンドで描く独特なタッチが可能)

の3つの方法があり、そのカスタムペイント屋ごとに得意とする技法が違います。

まったく知らないお店であれば、設備や資格、実績などもカスタムペイント屋を選ぶ上で重要なポイントに挙げられます。

解りやすくグラフにしてみるのも手です。
興味が沸いたカスタムペイント屋のホームページを見て、以下の6項目に5段階評価を付けてみてください。

@実績(創業何年・取引先・受賞歴など)
A設備(フルブース・ビニールブースなど塗装設備があるか)
B調色技術(ミキシングマシン・使用塗料など)
C資格(国家資格の有無)
Dエアブラシ(ホームページに載っている作品を見て判断)
Eピンストライプ(同上)

上記を踏まえて、まずは当店をグラフ化してみます。

graph_bros.jpg

当店は職人系のカスタムペイント屋。
このグラフを見て、ピンストライプやエアブラシを駆使したカスタムペイントを頼む方はいないでしょう(笑)
逆に純正色の色合わせや、埃やゴミを嫌う塗装(3コートパールやキャンディなど)が得意な事が解ります。

では、アーティスト系カスタムペイント屋の代表的なグラフは…

graph_artist.jpg

グラフが当店とは真逆です。
絵を描いてもらう時などはこういったグラフのお店に行くと大満足な作品を作ってくれます。

※高度なマスキング技術や特殊塗料使用などはカスタムペイントでは当たり前なのでグラフには入れていません。

多少は参考になったでしょうか…

カスタムペイントは決して安くはない買い物。
満足できる作品に出会えますように…

▲このページのトップに戻る