調色


当店が得意とする調色。0121.JPG
たぶん調色ができるカスタムペイント屋さんは少ないのではないでしょうか?

調色って何?という方の為に簡単に説明すると…

色見本などを参考にしながら、たくさんある原色(色の元)を混ぜ合わせ見本と同じ色を作る事を“調色”といいます。

まず調色をするのに最低限必要なものが“スケール”と“ミキシングマシン”

・スケールとは計量器の事で0.○g単位まで計れないと調色には使えません。
・ミキシングマシンはボタン1つで全塗料を攪拌(混ぜる事)してくれる優れもの。

4輪の補修塗装(俗に言う板金塗装屋さん)では当たり前に持っているこの2点。この2点を完備していないと調色ができないといっても過言ではありません。

そして4輪と2輪で大きく違う点…それは塗料メーカーから調色データが出ているかどうか。

real.JPG4輪の場合、すべての塗料メーカーが調色データを作成。板金塗装屋さんが調色に困らないようにバックアップしています。なので板金塗装屋さんが調色する際は、メーカーの調色データを元に調色が開始できます。



2輪の場合は、海外製の数社を除きバイク純正色の調色データは存在しません。
尚且つ4輪ではほとhouse.JPGんど使用されない“フレーク”や“キャンディカラー”を使った純正色もあります。


このスタートラインの違いにより4輪より2輪の調色のほうが遥かに難しいのです。

当店ではもちろんスケールとミキシング完備。
今まで国産・外車問わず調色をしてきた実績もあり、難しいと言われる色の調色にも対応しています。

兄弟2人、4つの目で色彩確認をするので色の合致性にも定評があります。


他店で断られたり難しい色の調色がありましたらお気軽にご相談下さい。


▲このページのトップに戻る