細部塗り分けについて

車やバイクのカスタムペイントなどでは色を塗り分けるために幅1.6mm〜5.0mm程度の曲線対応マスイキングテープが市販されています。これにより凹凸面やヘルメットなどの球体にも比較的容易に塗り分け塗装が可能です。

当社がこの技術をより発展させ今現在行っている塗り分け作業は、立体造形品などの多面体であったり数cm程度の小さな立体物だったりしますが、1.6mm程度では追従するはずもなく時間の経過と共に剥がれてきてしまい、塗り分けのクオリティが非常に悪くなってしまいます。

そこで当社は入手出来るあらゆる曲線対応テープでトライを繰り返し、最適なテープをカッティングマシンにて0.3mmにカット、高難度の塗り分け形状の物や色漏れしては困る蒸着前マスキング作業に使用しています。

とにかく塗り分けクオリティを高くしたい時には是非当社をご用命ください。


サンプル

(※試作品は掲載する事ができないので模型でのサンプリング)

rider1_R.JPGrider2_R.JPGrider3_R.JPG土台部分が約50mm

ブラスト剥離→多色塗り分け(高輝度銀含む)→内部のLEDが発行するため透過部(目)の調色も行いました

▲このページのトップに戻る