透過時の特殊塗装

〇シボ塗装

擦りガラスのような表情が必要な場合は[シボ]といわれる塗装を施します。

お客様のニーズに合わせシボの粒度も変化させられます。

 

樹脂素材

sibo_jusi_sample1R.JPGsibo_jusi_sample_2R.JPG

 

ポリカ素材

シボ粒度 (細→荒 5段階)

sibo_5_R.jpgsibo_4_R.jpgsibo_3_R.jpgsibo_2_R.jpgsibo_1_R.jpg

 

 

〇拡散剤塗装

裏から光を当てた際に電球部分が強く光る事を防ぐために裏面に光を拡散させる塗料を塗布します。

これにより透過部全体が光るように見えるためパチンコ光物部分などでオーダーがあります。

 

ポリカ素材

1回塗り→2回塗り→3回塗り→4回塗り→5回塗り→6回塗り

DSC_0013_R.JPG

DSC_0014_R.JPGDSC_0015_R.JPGDSC_0016_R.JPGDSC_0017_R.JPGDSC_0018_R.JPGDSC_0019_R.JPG

細部塗り分けについて

車やバイクのカスタムペイントなどでは色を塗り分けるために幅1.6mm〜5.0mm程度の曲線対応マスイキングテープが市販されています。これにより凹凸面やヘルメットなどの球体にも比較的容易に塗り分け塗装が可能です。

当社がこの技術をより発展させ今現在行っている塗り分け作業は、立体造形品などの多面体であったり数cm程度の小さな立体物だったりしますが、1.6mm程度では追従するはずもなく時間の経過と共に剥がれてきてしまい、塗り分けのクオリティが非常に悪くなってしまいます。

そこで当社は入手出来るあらゆる曲線対応テープでトライを繰り返し、最適なテープをカッティングマシンにて0.3mmにカット、高難度の塗り分け形状の物や色漏れしては困る蒸着前マスキング作業に使用しています。

とにかく塗り分けクオリティを高くしたい時には是非当社をご用命ください。


サンプル

(※試作品は掲載する事ができないので模型でのサンプリング)

rider1_R.JPGrider2_R.JPGrider3_R.JPG土台部分が約50mm

ブラスト剥離→多色塗り分け(高輝度銀含む)→内部のLEDが発行するため透過部(目)の調色も行いました

セキュリティについて

試作品については情報流出が厳禁。

当社は試作品に携わる作業時はセキュリティロック内でのエリアとし部外者の目に触れないよう徹底、スタッフも撮影禁止としSNSなどで情報が表に出ないよう努めています。

パチンコなどの遊技台やモックアップ、車モデリングミニチュア、電化製品などの新規造形時の塗装に関して安心して当社へご依頼下さい。

塗装環境について

当社はフルブース環境下において塗装しますのでブツ(埃など)の発生率を抑える事ができ、品質向上にお役立て頂けると思います。もちろんブツ除去後のバフ研磨なども施工できますのでご希望の品質やご予算に応じて都度ご相談下さい。(※塗装物の大きさや材料などにより研磨不可の場合もあります)

boose_R.JPG

▲このページのトップに戻る